a

「しぶとく攻撃する」をテーマに「リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~」2期生第4回キャンプを開催

元世界4位で日本テニス界のレジェンドである伊達公子とヨネックスが、ともに取り組む女子トップジュニア育成プログラム「リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~」の2期生第4回キャンプが、4月18日〜22日、沖縄県・豊崎海浜公園テニスコートにて開催されました。

 

「選手たちにプロで戦うために何が必要なのかということを伝えるとともに、プロジェクトとしても選ばれた選手たちに方向性を伝える場にしたかった」と伊達が言うように、5日間という初めての長期キャンプにおいて、セミナー、体作り、そしてオンコート練習と、中身の濃い内容でジュニアたちの指導にあたりました。

 

セミナーでは「伝えたい102のこと」として、伊達がプロ生活で実践してきた行動、考え方の伝授や、ダブルスの動きやフォーメーションについて紹介。トレーニングでは川田真琴トレーナー(R-body project)と館崎雅治トレーナー(日本テニス協会派遣)による体幹トレーニングやシャトルラン等のアジリティトレーニングを、キャンプ後も継続できるよう、その意味とともに丁寧に指導しました。

 

 

オンコートでは、「しぶとく攻撃する」をテーマに伊達の指示のもと、坂井利彰(日本テニス協会派遣)、石井弥起、近藤大生氏らが、様々なドリルを展開。伊達は、ジュニアの後方でショットや動き、考え方についてアドバイスするとともに、時には自ら打ち合いました。

また、ダブルスのエリアの考え方や、ショットについてセミナーの内容をオンコートですぐに実践するという新しい取り組みも行われました。

 

 

伊達は「『しぶとく攻撃する』ことについてJTAとも相談して作ったプログラムを5日間、朝から夕方まで1人も離脱することなくやりきることができました。これまでの2日間のキャンプでは出てこない部分が、5日あると見えてくるところもある中、ジュニアたちは全員最後までトライしてくれたし、小さいけれど変化は感じられた部分がありました」と手応えを感じたようです。

 

 

第5回目のジュニアキャンプは、6月中旬に予定されています。テニスに集中できる環境で意識を高めた選手たちが、この後、ホームコートでもできることを継続し、さらに成長していることが期待されます。

 

keyboard_arrow_up