「リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~」2期生第5回キャンプを開催

元世界4位で日本テニス界のレジェンドである伊達公子とヨネックスが、ともに取り組む女子トップジュニア育成プログラム「リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~」の2期生第5回キャンプが、6月14日〜15日、神奈川県・荏原湘南スポーツセンター(SSC)にて開催されました。

 

4月に行われた沖縄キャンプから約2か月経ち、心身共に成長した姿で訪れたメンバーは、再び新たなステージへ向けて体作りと技術の習得に集中して取り組みました。

 

今回のテーマは「定着させる」。カウンターショットやドライブボレーなど、伊達公子が小柄な日本人選手として現役時代に武器としたショットを習得することを目的としました。

 

朝一番で行ったのが、日本テニス協会派遣の中山芳徳コーチによる映像を使ったセミナーです。オンコートで学ぶショットの意味を紹介します。伊達がどう使ったかといった経験談も盛り込みつつ、ジュニアたちにまずは頭で理解させました。

 

続いて川田真琴トレーナー(R-body project)と館崎雅治トレーナー(日本テニス協会派遣)による体作り。沖縄後にどれだけトレーニングを継続できたかと聞くと、全員がしっかり手を挙げました。実際、体幹トレーニングは安定感が増し、シャトルランでは前回の数値を上回るなど結果として表れてきていています。

 

そしてオンコートのドリル練習では、ラリーのどういう展開からカウンターショットやドライブボレーに転じるのかという組み立てや見極めを、伊達、浅越しのぶ、石井弥起らのもと、繰り返し練習しました。

 

「正直、ここでやってもそう簡単にはいかないし、みんなもう少し時間がかかるのではないかと思いましたが、思った以上にいい感触がありました」と、ジュニアたちの短時間での上達に喜ぶ伊達。しかし「もちろん今回展開としてできたとしても、試合のプレッシャーの中でできるかまだわからないですし、自分のものにするには時間がかかります」と、テーマである“定着”を促しました。

 

沖縄後の選抜メンバーたちの成長の早さには目を見張るものがあります。昨年9月から急速にランクアップし、全豪・全仏オープンジュニアに出場した木下晴結(今回のキャンプは遠征で欠席)の例があるように、メンバーたちのさらなる飛躍に期待がかかります。

keyboard_arrow_up